BS会津若松2団

発隊以来56年。多くのスカウト達が巣立っていきました。『一度スカウトに「ちかい」をたてた者は、死して後もスカウトである』という教えのとおり、スカウト活動をはなれても、そのこころは、変わることなく続いています。

 

歴史

 

 昭和25(1950)年7月7日
  先代住職沖井道雄を隊長とし19名のスカウトとともに準備隊として発足

 

 昭和26(1951)年1月18日
  若松第4隊として日本連盟に登録した。

 

 昭和33(1958)年4月1日
  福島15団と改称する。

 

 昭和35(1960)年
  SS隊(シニアスカウト)発隊。

 

 昭和37(1962)年
  CS隊(カブスカウト)発隊する。

GS福島3団

ボーイスカウトと協力しながら活動をつづけ、46年になります。ボーイスカウトとのちがい、女性ならではの活動も取り入れながら、地域に役立つ子供たちの育成をめざしています。「自分がスカウトで培ったことは、大人になってこそ活かされてきている」と、多くの先輩達の言葉です。

 

歴史

 

 昭和36(1961)年8月1日
  福島県第3団発団

 

 昭和46年(1971)
  上級スカウト(現レンジャー部門)

 

 昭和63年(1988)
  ブラウニー部門登録

育成会

スカウト活動を支援するため、活動を理解してくださる方やスカウトの保護者の方で組織しています。年会費や奉仕でスカウトの活動を支援しています。平成18年4月まで35年間使用していたスカウト会館は、活動のすばらしさを理解し、その発展を願ってご父兄や成人したスカウト達の浄財で、建設され維持されていました。老朽化に伴い5月 に解体されましたが、今は本光寺の門徒会館を使用して活動しています。そして、本光寺の本堂の下にスカウトルームができ、みんなの活動拠点となりました。

© 2016 浄土真宗本願寺派飛龍山本光寺 Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now